暖かい寝室にするコツと暖かく過ごすアイディア

 暖房

私の場合、冬はなるべく服を沢山着込むようにしています。特に足元が冷えると体全体が冷えてしまう気がするので、なるべく足元を温かくしています。足元を温めるには、湯たんぽが快適です。ストーブなどと違って火事の心配もないので安心して使用できます。そして、寝る時にも使用できるのが湯たんぽの良いところです。

湯たんぽの注意点

予め布団の中へ入れておけば、寝る頃には布団が温まっており寒い思いをする事がありません。しかし、火傷には注意が必要です。人は低温でも火傷をしてしまいますので、同じ位置にずっと押し付けるような事はしてはいけません。

首周りを暖かくするコツ

足元だけでなく、首周りを温めるのも非常に効果があります。たとえばキングサイズ掛け布団の場合、複数人で一緒に眠ると隙間ができてしまいがち。大きいサイズですので、2人~3人で眠れますが、掛け布団の場合は隙間ができやすいのです。そういう場合には、毛布はシングルにしたり、首周りにちょっと工夫するとずいぶん変わってきます。たとえば首には太い血管が通っていますので、首の回りにタオルを巻いてみたりすると室内でもとても温かいです。タートルネックでも十分温かいので、「タオルじゃちょっと・・・」と思っている方にもいい方法だと思います。

屋外での冷え対策

室内ではこれらの方法で温かく過ごせるはずです。屋外ですと、上記の方法では温まりきれません。更に雪まで加わると体温の低下が心配です。溶けた雪で服が濡れてしまうと体が冷えてしまうので、雪の降りそうな時には傘やカッパを持ち歩きましょう。足元は締め付けないタイプの厚手の靴下を履き、水を弾くタイプの靴を履くのがお勧めです。

ご意見投稿お待ちしています!!